ボンズ ランドセル人気ランキング

ランドセル人気ランキング、メーカー別にそれぞれの特徴を比較して見ました。

ランドセルの準備はいつから?

ランドセル購入のタイミングは年々活発かつ時期が早まってきており、子供・両親・祖父母の3世代が長期休みを利用して選ぶことが多いため、百貨店にはGW頃から並び始めています。

ネットで特に人気のランドセルは職人手作りである工房。

6月半ば7月にかけて販売開始されるやいなや、売り切れが出始める、というのがここ数年の特徴となっています。

ちょっと前までは秋に買えば在庫も結構あったのに・・・と今は夏で売切れが出始める事が多く、早めの準備をおすすめします。

ボンズ VONDS

ボンズランドセル

6年間親子で一緒に使うものだから、その機能とデザインに徹底してこだわる唯一無二のランドセル

朝日出版社の月間ファッション誌「sesame」7月号にて合計8ページVONDSランドセルをご紹介されています。

ボンズのカタログには生地見本がついています。

萬勇鞄

創業1950年!手縫いランドセルの「萬勇鞄」

1950年から名古屋で営業しているランドセルメーカーです。
特徴としては下記の3点です。

部位によって手縫いとミシン縫いを使い分けた丁寧な製法
人工皮革、牛革、コードバンと多様な素材
豊富なカラーバリエーション

製造工程において正確さとスピードを求められる箇所はミシン縫いで均一に縫います。
一方ランドセルの故障で最も多いヘリ部分や本体とカブセの接合部分は手縫いにより2本糸でクロス縫いで仕上げることで強度を高めています。

フィットちゃんランドセル

TVCMも流れている「フィットちゃんランドセル」の販売サイト「フィットちゃんランドセルオンラインショップ」は、フィットちゃんランドセル開発メーカーである株式会社ハシモトの直営店です。

メーカー直送通販で品質も価格も評価されています。

売れ筋人気のランドセルは単価3万円ぐらいからのものです。

天使のはね

セイバンのランドセル「天使のはね」。

機能性
「背負いやすくからだに負担がかかりにくいランドセル」を安定した品質でお届けしています。その秘訣は、日本の職人が持つ「細部までこだわる根気」と、長年培われた「ものづくりの技」が評価されています。

信頼性
長年の実績による知名度の高さで市場シェアはトップクラスです。

高品質
セイバンのランドセルは、すべて日本の工場で職人の手で丁寧に作られています。

ララちゃんランドセル

ララちゃんランドセルは軽くて丈夫しかも美しく使いやすい。

デザインや機能性を重視したランドセルをお手頃価格でラインナップされています。

入れ筋人気の商品は大体38,000円ぐらい。

10月~12月にかけて売切れが出始めて一番売れる時期なのでの要注意です。

2011年2月に「はなまるマーケット」でララちゃんランドセルの紹介&製作工場内が紹介!

sesame(セサミ)11月号(10月7日発売)創刊200号記念特大号、ランドセルトピックス2012に掲載された実績もあります。

KIDS AMI(キッズアミ)

手縫いの手作りランドセル。

キッズアミランドセルは、60年間ランドセルを作り続けてきたナース鞄工の自社ブランドです。

何より特徴は評判の品質です。

デザインよりも品質を大切に。

派手なデザインのランドセルが増えている中、 デザインはシンプルに、そしてより長く使えるように耐久性を高く、背負い心地、使い心地の追求をし、 60年間培ってきた職人の技術で、安心して使える「手縫いの手作りランドセル」を生産している、と評判。

手作りですが、在庫切れの心配はありません。

年間約7万本のランドセルを生産できる生産力は業界内でも群を抜いています。

スペシャリティランドセル

本革製ランドセルなのにキューブ型が採用されています。

競合優位性本革製ランドセルの有名店である山本鞄、土屋鞄ともに学習院型であるが、こちらはキューブ型。

山本鞄、土屋鞄のようなランドセルを求めつつも、人工皮革製のキューブ型を購入するケースも多いです。

MOGIオリジナルランドセル

職人の手縫いにこだわっていて、 大量生産ではなく『品質』にこだわったランドセル

 

もっと素敵な通販【人気記事】