卵黄コリン口コミとアルツハイマー

コリンは神経伝達物質アセチルコリンの材料となります。

アセチルコリンは不足すると記憶障害、認知機能低下の原因になることが知られています。

この事からアセチルコリンの原料としてコリンが注目されています。

コリンには卵黄コリンと大豆コリンがあり、コリンを豊富に含んで近年特に注目されているのが卵黄コリンです。

アルツハイマーとコリン

日本人の認知症の約60%を占めるのがアルツハイマー型認知症です。

そしてアルツハイマー型認知症の患者では、実際にアセチルコリンの減少が確認されています。

高齢者は加齢に伴い、体内のアセチルコリンの量が減少します。

そこでアセチルコリンを増やすために、コリンを十分に摂取することが必要、と言われています。

又ヒトの身体の組織中の中でも、コリン含量が脳に最も多い、とされています。

このことからも、コリンは脳に影響を与える重要な物質だと想像できますね。

アメリカではコリンの摂取量が?

FDA(米国食品医薬品局)ではコリンの目標摂取量が定められています。

コリンは体内では必要とするだけの量が合成できないため、食品などから摂取する必要があるからです。

卵黄コリンの健康食品を選ぶ上でのポイント

卵黄コリンを日々十分な量を取る為には健康食品やサプリメントから補充する事がおすすめです。

卵黄コリンはビタミンB12と一緒に摂る事でより健康効果が発揮される、との研究報告があります。

ですので、卵黄コリンとビタミンB12の両方が含まれているものがおすすめです。

大手食品上場会社で信頼のおける会社のものがより安心でしょう。

マヨネーズで卵、卵黄の研究、卵黄を成分とする食品の開発、生産をやってきているキューピーはやはり人気の卵黄コリンでリピーターが多いです。


 

 

卵黄コリン関連記事一覧

 
 

スポンサーリンク