過敏性腸症候群のいろいろな症状と黒梅日和

過敏性腸症候群にはいろいろな症状があります。

よくあるのが、通勤・通学の途中、試験の前に、大事な会議の前、旅行先・・・等々、急にお腹が痛くなって慌ててトイレを探したりトイレに駆け込んだり・・・等々大事な場面でお腹の調子が悪くなる・・・

内勤でトイレに何度も行くので、奇異な目で見られたり、サボっていると疑われたり・・・とそんな話も耳にします。

過敏性腸症候群は、IBSとも呼ばれ、主にストレスに起因して、下痢や便秘を慢性的にくりかえす病気の総称として呼ばれています。

大腸がんや潰瘍性大腸炎などは血液検査や大腸内視鏡検査などで腸に異常が認められますが、検査で異常が見つからないのに、症状が続けば、IBSと診断されます。

IBSの場合、一般の内科では「過敏性によるものだから気にしない方がいい」と言われる事も多、くコロネル等の薬が処方されます。

お腹の突然の不調や、いつ起こるかわからない心配から日々の生活に支障がきたしているケースも少ない訳ではありません。

医者に通い続けて薬を飲み続ける事に抵抗がある方は、健康食品やサプリメントを試してみる方も多いです。

自然のものを成分としていますので安心、という考え方です。

黒梅日和 くろうめびよりは、紀州産梅肉エキス、沖縄産ガジュツ末(紫ウコン)、アロニアエキスが配合された、東証一部上場企業の(株)北の達人コーポレーションが販売している健康食品・サプリメントです。

下痢止めのように事態が発生してから、一時的な効果を期待するものではなくて、継続して緊急事態が起こらないような健康状態を作っていこう、としているものです。

>>黒梅日和の評判、効果口コミまとめはこちら

 

 

 

  

 

 

スポンサーリンク