腸内環境サプリランキング【簡単比較版】

腸の中の環境を整えていく事で、健康上の不調が改善されていく事は良く知られています。

乳酸菌、善玉菌、ビフィズス菌、乳酸菌生産物質、腸内フローラetcと腸内環境に期待されるサプリメントは数多くあります。

ここではこれら腸内環境サプリをランキング、というより当方の使用体験も含めてそれぞの特徴を比較しています。

腸内環境サプリ腸内環境サプリ,乳酸菌サプリ,善玉菌を増やす,ビフィズス菌サプリ,善玉 菌を増やすには,善玉 菌サプリ,乳酸菌生産物質,腸内フローラサプリ,カルピス乳酸菌,乳酸菌効果,植物性乳酸菌,乳酸菌革命,花粉症乳酸菌,r1乳酸菌,l92乳酸菌効果,ランキング,口コミ,飲み方,効果,副作用,サプリメント,便秘,アレルギー,アトピー,自律神経,評判,購入,注文,定期,送料,無料,ダイエット,日清食品,アレルライトハイパー

おすすめ!アレルライトハイパー

アレルライトハイパー乳酸菌 腸内 フローラ サプリ 効果 善玉菌 便秘 悪玉 環境 細菌 配合 種類 改善 繊維 食物 ビフィズス菌 おすすめ ヨーグルト サプリメント ランキング 摂取  整腸

日清食品から販売されているアレルライトハイパーは2粒(1日)の中に約50kg分のヨーグルト(ヨーグルト1食100g計算)、植物性乳酸菌5,000億個が含まれています。

皮膚や粘膜の健康維持を助ける有効成分「ビオチン」もは配合されている乳酸菌、腸内環境サプリは唯一ではないでしょうか。

大手上場食品メーカーでアレルゲンフリーの健康食品、子供にも安心して勧められ、定期コース初回980円(送料込み、税別)、いつでも初月からでもお休み・解約可能なのも手軽に始める事ができるのも良いですね。

60粒/1袋 1日目安2粒で約30日分、単品購入:税抜4,600円、定期コース初回980円送料無料、2回目以降10%オフ4,140円、解約中止いつでもOK次回お届け日の7日前までの連絡で

 

菌の森

菌の森菌の森レントラ 株式会社だいにち堂  善玉菌サプリ菌の森 6,696。乳酸菌 腸内 フローラ サプリ 効果 善玉菌 便秘 悪玉 環境 細菌 配合 種類 改善 繊維 食物 ビフィズス菌 おすすめ ヨーグルト サプリメント ランキング 摂取  整腸200億の善玉菌、1日2粒でヨーグルト20個分(ヨーグルト1個100ml計算)、生きた菌にこだわる要冷蔵「生サプリ」が特徴です。

菌の森に含まれる善玉菌が、乳酸や酢酸(ビフィズス菌をつくるもの)といった有機酸を産生して、悪玉菌の増殖を防ぎ、善玉菌が優勢である状態にし、腸内環境を整えるサプリメント。

60粒/1本 350mg 1日目安2粒で約30日分、単品価格:税込6,800円 送料756円クール代324円、定期コース:初回3,740円送料クール代無料、もう1本プレゼント*定期コースは2ヵ月に1回のお届、3回(6個?)までは継続

 

乳酸菌とは?

乳酸菌は、オリゴ糖などの糖から、乳酸などの酸をつくりだす細菌のことです。

細菌、って聞くとバイ菌みたいに思たりもしますが、カラダ、特に腸内の環境を整えるのに大きな役割を発揮します。

人間の体内に存在する乳酸菌はビフィズス菌などで、これらは善玉菌と呼ばれています。

乳酸菌の働きは腸内にすむ乳酸菌、ビフィズス菌を増やし、腸内の有用菌を増やし、乳酸、酢酸を作り出して腸の運動を促進し、大腸菌などの悪玉菌の増殖を抑える事、と云われています。

ヨーグルト、乳酸菌飲料、チーズ、バターなど、乳を乳酸菌で発酵したもので、これらは動物性乳酸菌です。

漬物や大豆等からつくられる味噌、醤油などの加工品にも乳酸菌が含まれており、これらは植物性乳酸菌です。

善玉菌とは?

乳酸菌やビフィズス菌などカラダに良い、とされる細菌です。

善玉菌を増やすためにはオリゴ糖や食物繊維を十分に摂って、腸内細菌と協同して腸内環境を整えて改善していく事が求められています。

ビフィズス菌とは?

乳酸菌の一種で、人間や動物の腸内に存在する代表的な善玉菌、整腸作用だけではなく、悪玉菌が増えるのを抑える効果があると考えられています。

特に乳児の腸内に多く存在しており、又酸に弱いためく、経口摂取によって生きたまま腸まで届けることが難しいことから最近その事に関するさまざまな研究が行われています。

腸内に元々いるビフィズス菌を増やすために、オリゴ糖などを摂ることが推奨されています。

腸内フローラとは?

大腸には100種類以上、善玉菌、悪玉菌合わせて100兆個にも及ぶ腸内細菌がおり、これら全体を「腸内フローラ」と呼んでいます。

これらのほとんどは、酸素が存在すると生存することのできな菌で、腸内細菌は、善玉の菌と悪玉の菌、そのどちらでもない中間の菌の3種類あります。

腸内フローラの中で一番数が多い菌は中間の菌で、次に善玉菌が多く、悪玉菌が一番少ないです。

悪玉菌が増える原因は?

たんぱく質や脂質が中心の食事・不規則な生活・各種のストレス・便秘など。

腸内環境を悪くする食事、生活習慣といえます。

善玉菌を増やすには?

乳酸菌を含む食品を摂る

ヨーグルト・乳酸菌飲料・納豆・漬物など、ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を習慣として毎日食べるようにしましょう。

善玉菌は生きて大腸まで到達しないと意味が無いと言われています。

しかし死んでしまっても善玉菌の体をつくる成分にも有効な生理機能が期待できます。

オリゴ糖や食物繊維を摂る

野菜類・果物類・豆類など。

消化・吸収されることなく大腸まで達し、腸内細菌のなかにもともと存在する善玉菌の栄養源となります、

オリゴ糖は、大豆・たまねぎ・ごぼう・ねぎ・にんにく・アスパラガス・バナナなどの食品にも多く含まれています。

腸内環境が良い時の便は?

色は黄色から黄色がかった褐色で、においがあっても臭くなく、柔らかいバナナ状が理想です。

逆に黒っぽい色で悪臭がある便は、腸内細菌のバランスが悪くなっている状態です。

プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスは乳酸菌などの腸内環境を整える微生物のうち、生きて腸に到達できる有用な微生物の事です。

本来の腸内環境を整える働きを発揮していく為には「生きて腸内に届く」有用性が注目されています。

乳酸菌生産物質とは?

乳酸菌生産物質は乳酸菌が代謝される過程でが作り出されす有用成分で生きた菌ではありません。

生きた菌、としてのプロバイオティクスとは違った考え方です。

生きた乳酸菌はもともと腸内に棲んでいた菌ではないため、腸内で増殖・定着することがなかなか難しく、通過菌として体外に排出されてしまうことが多い、との事。

腸内環境を整える為には定着する必要があり、その為には生きた菌ではない乳酸菌生産物質の方が有用とされています。

 
腸内環境サプリに関する記事はここまでです。
 

乳酸菌、善玉菌サプリに関する話題(管理人用メモ)

以下は腸内環境、乳酸菌等に関する話題、当ページ作成のレジメ、メモです。
当ページをご訪問いただいた方にお役に立てる内容ではなく、申し訳ございません。

 

腸内環境サプリ「記事一覧」