卵黄コリンの口コミとキューピーのサプリを選んだ理由?

卵黄コリンサプリの中でキューピーの卵黄コリンがを選ばれる理由とその口コミについて、そして卵黄レチチン卵黄コリンに期待される効能や効果についてまとめています。卵黄コリンサプリの中でキューピー卵黄コリンがを選ぶ理由?キューピー卵黄コリンサプリいつまでも長生きに年齢を重ねるとともに誰もが感じる物忘れや、生活にハリがなくなってくる感じ・・・そんな方への効能効果が期待されている成分卵黄コリンサプリメントです。

物忘れアルツハイマー型認知症などに関しては、注目の成分として卵黄レシチンが良く知られていますが、その真相は実はその中に含まれていている卵黄コリンである、という事が分かってきました。

卵のパイオニアで、長年に渡りマヨネーズの開発・生産で卵に関するノウハウを蓄積してきているキューピー卵黄コリンサプリ「はつらつ力」をご紹介しています。

⇒その前に卵黄コリンについてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

キューピー卵黄コリンサプリがおすすめの人は?

中高年といわれるようになってきて、下記のような事に思い当たる方にはおすすめです。

将来に向けて今できる対策や健康管理を考えて、卵黄コリンサプリが各社から販売されています。

各社それぞれ特長がありますが、マヨネーズの実績、キューピーへの信頼感からキューピー卵黄コリンが選ばれています。

  • 最近物忘れが多くなった
  • 芸能人の名前や地名など固有名詞が出てこない
  • 今誰と電話で話していたのか思い出せない
  • 人に会うのがおっくうになった
  • 孫の誕生日を忘れそうになる
  • 心配事が出てくるとふさぎ込みがちになる
  • もっと毎日はつらつと過ごしたい

 

キューピーの卵黄コリンの他のサプリと比較しての特長は?

卵黄コリンサプリキューピー卵黄コリンビタミンB12が組み合わされた配合のサプリメントであることが、キューピーの大きな特長です。

マヨネーズのキューピーは、卵のプロです。

そのキューピーが作った、卵から抽出する卵黄レシチン、中でも効能効果が期待される卵黄コリンサプリです。

キューピの卵黄コリンサプリ「卵黄コリンはつら力」は他社と比較しても販売実績が高いサプリです。

卵黄コリンはビタミンB12と一緒に摂る事でより効果が期待できる、と長年の研究で分かってきました。

コレステロールの摂取に配慮した卵黄油を使用して作られています。

 


 

キューピー卵黄コリン通販限定の内容は?

アレルギー:原材料の一部に卵、ゼラチンを含みます。
召し上がり方:一日6粒を目安に、かまずに水またはお湯で
摂取上の注意:
一日の摂取量を目安に召しあがってください。
召しあがり後、尿が黄色くなることがありますが、ビタミンB2によるもので心配はありません。
粒重量:147.6g(410mg×360粒)
原材料名:
植物油脂、ゼラチン、リゾレシチン含有卵黄油、亜鉛含有酵母、デキストリン、グリセリン、ナイアシン、ミツロウ、ビタミンB1、ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12

 

 

 

卵黄コリンの効能や効果について

卵黄コリンとは?

卵黄コリンについてもう少し詳しく知りたい、という方にその効果効能についてまとめています。

卵、卵黄に含まれる注目の成分は卵黄レシチンが有名ですが、その卵黄レシチンの中に含まれていているのが卵黄コリンです。

卵黄コリンの特徴や作用について代表的なものとして以下の3点を挙げてみました。

  1. の発達や機能の維持
  2. 肝臓の働きを正常にする
  3. 高脂血症の改善

卵黄コリンと肝性脳症

肝臓に関してですが、肝硬変が高度に進行した時に起きることがある「肝性脳症」という意識障害があります。

この症状に対して、卵黄コリンを経口投与(口から入れてきます)によって症状が改善された、という医学的な報告があります。

卵黄コリンと物忘れ

卵黄コリンはビタミンB12と併用することでアルツハイマー病の予防や脳機能の改善に効果が期待されています。

キューピーの卵黄コリンサプリは物忘れ等が気になる方に長年使われ続けているサプリメントです。

健康食品は医薬品ではないので、「誰にでも効能がある、効果が実感できる」というものではありません。

そういう意味でもキューピーの卵黄コリンサプリ「はつらつ力」が1995年ですからもう10年以上の販売実績がある、というのは大きいです。

口コミの中で、使われている方の個人的な効能や効果が広がる事で信頼を得て、リピーターが増えている卵黄コリンサプリ、といえます。

 

 

卵黄コリン口コミとアルツハイマー予防について

コリンは神経伝達物質アセチルコリンの原料で、アルツハイマー型痴呆症の多くの方にはこのアセチルコリンの減少が見られます。

アメリカでは健康維持の為に、コリンの必要推奨摂取量が決められています。

そのコリンを多く含んでいるのが卵黄コリンです。

 

卵黄コリンのコリンの含有量は?

コリン含む食品には、牛・豚のレバー、卵、大豆、枝豆などがあります。

食品100gあたりのコリン含有量は、生の大豆が約65mg、茹でた枝豆が約46mgに比較して卵黄の場合は約630mgととても多く含まれています。

これまで触れてきました通リ、卵黄コリンは神経細胞内の核酸(DNA)を合成しているビタミンB12と一緒に摂ることによりアルツハイマー病や脳機能の改善が報告されています。

卵黄コリンの口コミとレシチン?

卵黄コリンの説明や口コミを見ていますと、レシチン、とか、コリン、ホスファチジルコリン等の言葉が出てきて少々混乱しがちですね。

その辺りここで一度整理できれば、とまとめてみました。

レシチンとは?

レシチンは約150年前に卵黄と脳から抽出された成分、といわれていてリン脂質を含む脂質をまとめてレシチンと呼ばれるそうです。

そのレシチンの代表的なものには2種類あって、卵黄レシチンと大豆レシチンがあります。

卵黄レシチンとは?

そしてこの2つの中では、卵黄レシチンの方がコリン、つまりホスファチジルコリンを多く含んでいます。

コリンとは?

言いにくい名前ですがホスファチジルコリンと呼ばれるもので略してコリンと呼ばれています。

コリンはアミノ酸の一種で脳内の神経伝達物質、アセチルコリンを作るのに必要な栄養素です。

そして、実際にアルツハイマー病の人の多くがコリンが不足しているという実証データがあります。

まとめ

レシチン>卵黄レシチン>卵黄コリン⇒アセチルコリン

>は含まれる、又は、種類の一つの意味です。

最後の⇒の意味は、卵黄コリンが、脳の伝達物質で物忘れやアルツハイマーに関係する脳内神経伝達物資のアセチルコリンの原料になる、という意味でこの記号を使っています。

そしてこの卵黄コリンはビタミンB12と一緒に摂取する事でより効果や効能が期待されています。

この2つの成分が配合されているサプリメントがキューピーの卵黄コリンサプリメント「はつらつ力」です。

 

コリンとホスファチジルコリンの違いは?

卵黄コリンの口コミでよく見かける「コリン」と「ホスファチジルコリン」ですが、これは同じもので略してコリンと呼ばれています。

レシチンに含まれるものがコリンで、卵黄に含まれているコリンが卵黄コリン。

そして卵黄を元にして作られるマヨネーズで実績の高いキューピーが発売している卵黄コリンサプリが「はつらつ力」です。

卵黄コリン製剤とは?

卵黄コリンは医学的な分野での研究が進んでいます。

そのような流れから卵黄コリンの栄養補助食品や健康食品、サプリメントの事を卵黄コリン製剤と呼ばれていた事もあったようです。

現在のところ卵黄コリンは薬の成分ではなく、栄養補助食品や健康食品の成分として使われています。

物忘れと認知症の違いについて

物忘れは、覚えていたことは記憶している状態で、認知症の物忘れは覚えていたこと自体も忘れてしまっている事、と言われています。

このような状態ではアセチルコリンが減少している、という事が知られています。

アセチルコリンは体内で合成するには限りがある成分です。

そこで、アセチルコリンの一種である卵黄コリンをサプリメントで継続して摂取する事が注目されています。

卵黄コリンとアルツハイマーの薬に関する話題

卵黄レシチンサプリメントとその効能と効果は年代を問わず、アルツハイマー病への効果が期待されています。

様々な研究がなされ、薬なども開発されてきているようですが、薬については一般の人たちが簡単に手に入る状況ではまだないようです。

日ごろ私たちが出来る事は、日常生活の中で予防していく事しかありません。

卵黄コリンキューピー他、アメリカでの話題など

キューピーの卵黄レシチンサプリメント、卵黄コリンはコレステロールや物忘れ、認知症、更年期等へ効果が期待されています。

アメリカでは、1970年代に突然コレステロールが話題になって、卵の消費を減らす運動がおきました。

ところが昨今アルツハイマー病対策に良いと言われる食品の一つに、卵が注目されてきています。

卵黄コリンの口コミとコレステロールの話題

卵と聞くとコレステロール等が心配、という意見も多いのでは?と思います。

動脈硬化症の患者は例外なく血中コレステロール値が高いことが問題になっていました。

そのことから、コレステロールを含む卵が悪役のように取り扱われていたこともあります。

しかし実際に卵に含まれるオレイン酸は、悪玉コレステロールを低下させる働きがあるそうです。

また卵に含まれるレシチンは、善玉コレステロールを増やす働きも注目されています。

卵黄レシチンサプリメントの効能効果について、コレステロールに関する研究論文が多く発表されています。

 

 

卵黄コリンとは?に関する話題

卵黄レシチンサプリメント、卵の卵黄にはコリンという成分が含まれています。

アミノ酸の一種ですが、コリンは脳内の神経伝達物質、アセチルコリンの生成に必要な栄養素です。

アセチルコリンは脳内で情報の伝達を担う神経伝達物質でこれが減少すると、学習能力の低下や記憶障害の原因と言われています。

卵黄コリンの効能に関する話題

卵黄に含まれる「卵黄レシチン」は、脳の神経機能を高める働きがある、といわれています。

又記憶力アップや集中力アップやボケ予防になる、ともいわれています。

又コレステロールに関しては卵に含まれるレシチンの研究が盛んになル中で、血中のレシチン濃度が増加すれば、動脈壁に沈着したコレステロールが除去されて、動脈が正常化するいわれています。

アメリカでは30年も前から、動脈硬化や血栓の治療にレシチンが使われています、

アセチルコリン生成に欠かせない栄養素、そしてそれを最も多く含む食品が卵なのです。

卵黄コリンを多く含む食品について

コリンを多く含む食品として知られる大豆の3倍、卵はコリンを含んでいます。

Lサイズの卵に含まれるコリンは215mgといわれ、他の食品と比べても抜きん出ています。

卵黄レシチンは熱に弱いので、あまり加熱しないほうが良いです。

事実、最近の研究では、毎日二個の卵を食べても、ほとんどの人が血液中のコレステロール値をあげない、などがわかってきました。

コリンを効率よく吸収したい、とお考えの方へコリンを多く含む食品は卵と大豆です。

大豆は健康食としてよく知られ、植物性タンパク質で非常に健康に良い、とされています。

卵黄コリンと記憶に関する口コミと話題

卵黄に含まれる「コリン」は、脳で記憶や学習に深いかかわりを持つ神経伝達物質アセチルコリンの原料になります。

卵のレシチンが血液中の善玉コレステロールを増やす作用がある、といわれています。

善玉コレステロール値の高い人を、ヨーロッパやアメリカでは長寿症候群、つまり「長生きする人たち」とよんでいます。

含まれる量も卵が断トツですが、吸収の面でも卵の方が、より吸収しやすい事が分かってきました。

レシチンが脳をサポートし、「記憶の老化」を防ぐ働きがあることもわかってきています。

卵黄、卵黄コリンを継続して効率的に摂取する事による効能への期待が高まっています。

卵黄コリンキューピー卵黄コリンキューピー

卵からヒヨコが生まれるのですから、卵には生体に必要な栄養素がすべて含まれている、と考えてよいのでは?という考えもあります。

不要な物を入れないために、脳関門という関所のようなものがあり、ここを通るには、大豆の場合他の栄養素も多いため、入りにくいという欠点が有るようです。

卵の場合、邪魔をする他の栄養素が少ないため脳内にも入りやすい、とされておりこれが卵黄コリンが他のコリンと比べて注目されている点です。

卵とがん細胞抑制に関する話題

卵白に含まれるオボムチンに、ガン細胞の血管新生機能を阻害する働きがある、と言われています。

オボムチンがガン細胞に作用すると、ガン細胞は血液を取り込めず消滅する、というコ口コミもあります。

卵黄コリンの口コミ、妊娠中の女性に関する話題

妊娠中の女性がより多くコリンを摂る事で、赤ちゃんが将来アルツハイマー病になるリスクを低減させられる、という口コミもあります。

ラットを使用した実験段階が多いのですが、妊娠中コリンを多く摂った母体からは、優秀な知能を持った子供が生まれてくるという研究結果もあるそうです。

 

 

キューピーの卵黄コリンサプリの特徴に関する話題他

コレステロール過多や物忘れ、認知症、更年期他総じてカロリーが気になる方もいらっしゃると思います。

卵黄の脂質にある成分で、コリンは、脳の発達や機能の維持、肝臓の働きの正常化、脂質異常症の改善などさまざまな作用を持ちます。

コリンはビタミンB12と一緒に摂るとより効果的で、キューピー卵黄コリンサプリはそこに特徴があります。

卵黄コリンとビタミン12の両方を主要な成分としています。

卵黄コリンはビタミンB12と併用で、アルツハイマー病の予防や脳機能の改善に対する効果が期待されています。

卵黄コリンによる予防に関する話題

高血圧・高コレステロール血症・動脈硬化・脂肪肝などの予防や改善にコリンは働く、とされています。

コリンの摂取量は1日あたり300~1200mgが適当であり、一般的には300mg前後をサプリメントで摂取する、といわれています。

コリンの摂取量の上限は、成人1日あたり3500mgである、といわれています。

卵の卵黄に含まれるコリンは、食品の中でも最も脳内に吸収されやすいと言われています。

卵黄コリンの副作用に関する話題

卵黄コリンは、通常の食材に由来する成分であり、問題となる健康被害や副作用は知られていません。

又卵アレルギーの原因となるのは卵白の部分が多いので、卵黄コリンはその点でも問題を生じにくいと言われれてるそうです。

さらに研究の結果卵黄のコリンをビタミンB12と組み合わせてとると認知症の改善にさらに効果が表れることが明らかになってきました。

卵はビタミンB12も含んでいるので毎日の食事にたまごを食べることはおすすめです。

物忘れを感じることが多くなってきたので、予防の意味も兼ねて飲んでいる方も多いです。

 

 

卵黄コリンと認知症の薬に関する話題

認知症の薬として有名な「アリセプト」がありますが、この薬はアセチルコリンを増やすための薬です。

記憶力が悪くなる、物忘れが激しくなるということは脳内のコリンが減少して障害が生じること、といわれています。

脳内に十分なコリンを供給できれば記憶力の改善や脳機能の改善が期待できるといわれています。

卵は、ビタミンCと食物繊維を除いて、人間に必要な栄養素をバランスよく含んでいる優れた食材といわれています。

マヨネーズのキューピーもこの点に注目してきました。

コリンの名前だけ見ると普段の食事ではあまり想像できないのですが、実は大豆や納豆、おなじみの認知症予防に良いとされる和食の一部に多く含まれています。

その他卵黄コリンの口コミと期待される効能効果に関する話題

コリンに期待されている効果には血管を拡張、血圧を下げる働きがあります。

また、脳内の記憶を司る部分に働きかけて記憶力を高めます。

そのためアルツハイマー病の予防に繋がるのではという期待があります。

 

 

卵白と健康予防に関する口コミ

健康面でいいますと、卵白で風邪予防、卵白には「リゾチーム」が含まれています。

リゾチームは風邪の原因となる細菌を溶かす働きがあり、かぜ薬にも含まれている成分です。

コリンを多く含む食材を意識して食べることをコリン食と呼ばれるそうです。

リゾチームは熱に弱く70度以上で効果が低下し、酢を入れるとリゾチームが安定する、といわれています。

また、卵白には「オボムチン」が含まれています。

オボムチンは乳酸菌を数十倍に増やしてくれる、といわれており乳酸菌が増えて免疫力がアップして風邪予防につながります。

卵白には、オボムチンとリゾチームが結びついた状態で存在します。

相乗効果により生体防御機能が働いて風邪予防になります。

卵黄コリンと卵黄レシチンに関する話題

コリンが多く含まれる食材納豆、大豆製品、卵、豚レバー、ひまわりの種、ナッツ類があります。

卵の中に白いひものような「カラザ」というものがあり、カラザの中には「シアル酸」が含まれており、シアル酸はインフルエンザの薬の原料になります。

成人の1日の目安摂取量は男性550mg、女性425mg、上限量は男女ともに3500mgとされています。

シアル酸とは細胞を構成する成分の一つであり、細胞の表面はシアル酸によって覆われ安定しています。

レシチンは約13%のコリンを含むリン脂質です。

 

 

【卵黄コリンサプリ記事一覧】